月間悪徳商法ニュース(その4)





みなさんこんにちわ!
発行人のペンネーム西藤清三郎です。

今回は(その4)の紹介です。

続けて僕の経歴を紹介します。
平成10年の9月(入社2年後)、ある事件(後述します)をきっかけに

僕が入社したB会社は倒産、その翌月の10月には、B社のメンバーを15名集めて
新しい会社T社を立ち上げました。

名目はB社で販売した電話機の保守メンテナンスをやるということで、
前B社の社長の了解を得ての立ち上げでした。

顧客名簿、及び什器備品はすべて流用させてもらったので、ほとんど資金は
かかりませんでした。

B社は昭和61年から営業活動をしていましたので、
顧客は全国で3万人とも言われていました。

保守メンテナンスを引き継ぐといっても、これだけでは事業運営は無理なので
実際はB社のお客を対象にしたリプレース販売でした。

解りやすく言うとメンテナンスしながら電話機を新しく取り替え
販売するという仕事です。

僕は平成25年末にある事件をきっかけに(これも後述します)T社を退社しました。
僕がこの業界にいたことは訪販会社の社員以外僕の女房、親族、友人の

誰も知りません。
現在は悪徳商法の被害に遭わない為の研究所を主宰しながら

インターネットビジネスをやっています。
以上簡単な経歴でした。

それではこの続きは次回紹介いたします。
こちらは僕の発行している

E-book「これが知られざる悪徳訪販業者の手口だ!」です。
http://fujisun.ehoh.net/
詳しく紹介していますので関心のある方はご覧ください



悪徳商法ニュース

今日は送りつけ商法の対処方法です。
結構まだ多く発生しています。

商品を受け取っただけでは売買契約は成立しません

注文していないアダルトDVDを勝手に送りつけ、高額な代金を請求する
悪徳商法(送りつけ商法・ネガティブオプション)の相談が各地の国民生活センターに

複数寄せられていると報じられています。
勝手に送りつけられた荷物の中に、代金の請求書や「返送されない場合は、

契約成立とみなします」などと書かれていても法律上は意味がありません。
売買契約 が成立するのは「売ります」「買います」という、

販売する側と購入する側の意思表示が合致した時です。
消費者から申し込まれたわけでもない商品を業者が一 方的に送りつける行為は、

売買契約の申し込みに過ぎません。
したがって、まだ売買契約は成立していませんので、消費者の側には、

その売買代金を支払う義務 はないのです。








スポンサーサイト
プロフィール

fujimotosun1

Author:fujimotosun1
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる