スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月刊悪徳商法ニュース 悪徳訪問販売で年収1000万稼いだ方法 その5

みなさんこんにちわ!
発行人のペンネーム西藤清三郎です。

今回よりタイトルを「月刊悪徳商法ニュース」に変更しました。
今回は「その5」です。

入社して驚いた一般の会社と大違い

1、新入社員教育

電話機の訪販会社B社に入社したのが平成8年3月のことでした。
当時一緒に入社した新入社員は12名でした。

その中には悪徳訪販で有名なS産業の営業部長や広告代理店社員など
そうそうたる経歴の猛者がそろっていました。

彼はそれまでは普通のサラリーマンだったので、訪問販売という初めての
分野の業界にとても不安を持っていました。

新入社員教育は2日間にわたり新宿本社隣のビル7階で基本的な電話機の構造から
電話料金システム、回線種類などを一通り学び最後は簡単なテストがありました。

その後各営業所への配属が決まりました。
彼は、家に近い立川市の西東京営業所の勤務になりました。

西東京営業所は営業部員8名管理部3名、工事部3名の14名の営業所でした。
配属直後、最初に給与体系の自主選択をすることになりました。

自主選択とは3か月間だけに限り固定給制か加算給制かを選択することです。
固定給を選択した場合は3か月間、毎月40万円保障されます。

加算給制は売り上げ成績によって基本給に加算給がプラスされる
給与システムです。

彼は自信がなかったので固定給制を選択しました。
翌日出社するとみんなに紹介され、すぐロッカーに案内されました。

ロッカーでは営業用の制服を与えられ早速着替えました。
一見、水道局の職員の制服に似ています。

ちなみに、訪問先のお客に水道局職員とかURの職員、土木事務所の
職員などによく間違えられました。

朝礼が終わると早速、席に案内され基本トークを書いた用紙を渡され
それを覚えるように言われました。

ページにして2ページでした。
すでに他の営業部員は現場に出て行って事務所には彼と所長それに

管理の社員3人だけになっていました。
30分ぐらい目を通していると、所長に声をかけられ現場実習同行になりました。

現場は営業所近くの団地でした。
彼の営業初日の現場実習は所長と一緒に同行して、営業トークを覚えることでした。

持参品は申込用紙、商品カタログ、営業トーク集、信販申込用紙が入った
アプローチブック1冊、名刺、計算機、印鑑を持って出かけました。

所長と営業車に乗り10分ほどで近くの団地に到着しました。
車を降りると所長がここで「1件契約するところを見せてやるから

よく見ておくように」
と言いながら歩き出しました。

彼は後ろにつきながら一通りアプローチからクロージング迄、
見させてもらうつもりでしたが、

全部アプローチアウトで肝心の契約までの営業トークは何も聞けませんでした。
しかし、さわりの部分と入り方だけは覚えました。

1件も契約できないまま、約2時間でその日の現場実習は終わり
事務所に帰ってきました。

事務所は管理部の社員が3人残っていました。
昼休み時間が終わると

今度は所長をお客に見立ててロープレを夕方までやらされました。
ロープレとは訪問したお客との実際の現場のやりとりを疑似的に練習することです。

最後には所長も疲れたので自習になりましたが、このロープレは入社してから
半年間、続きました。

この続きは次回紹介致します。



関連文献

1 悪徳商法の真実

2 中年おじさんがネット古物ビジネスで自由な生活を手に入れた方法











スポンサーサイト

週間悪徳商法ニュース(その2)

みなさんこんにちわ!
発行人のペンネーム西藤清三郎です。

今回は(その2)の紹介です。
さて、僕がこの業界に入るきっかけになったB社の本社は都内の
新宿区にありました。

従業員は全社で100人規模の会社で関東を中心に
9営業所を展開していました。

会社を訪問し、早速人事担当者と面接室で会うことになりました。
まず、どうして電話機の訪問販売でそんなに高額な収入が得られるのか

疑問に思っていたので、その部分を先に尋ねました。
ふと、面接室の隅を見ると販売する電話機らしいものがパンフと一緒に

置いてありました。
見ると色は濃いグレーのコードレスの親子電話機です。

町で売っている電話機を少し高級にしたそんな感じの電話機です。
メーカーは大手通信機メーカーのK社のものでした。

人事担当者の説明によると、この電話機が訪問販売する商品とのことでした。
そこでいくらで販売しているのか聞いたところ

なんと、販売価格172,000円ということでした。
一般家電販売店では1~3万もすれば十分立派な電話機が買えるのに

本当にこれを買うお客がいるのか、
こんな高い電話機が売れるのか疑問に思いました。

また、どのような販売方法を
行っているのかも気になりました。

すると、隣の会議室に通されました。
そこは営業会議室で正面に大きな白板がありそれは営業部員の成績表でした。

左側に営業部員の名前が縦に列記してありその数15名前後、
真ん中上部は左から右にカレンダーが刻んであり名前の横には

黄色、緑、赤の丸いマグネットがついています。
説明によると黄色は契約、緑は工事完了、赤はキャンセルということでした。

よく見たら月半ばというのにトップの営業マンはすでに
15本の契約をしていました。

一日3本契約している日もありました。
その他の営業部員も10本前後売っていました。

僕はびっくりしてしまい、どうしてこんな高い電話機がこんなにも
簡単に売れるのか、内心不思議に思っていました。

一般的な販売方法ではまず無理ですので
きっとこれは裏に特別な販売方法があり、

その手法を覚えればやっていけるのでは?といろいろ頭の中で
考えを張り巡らせていました。

そこで会社全体でではどの位、販売しているのか実績表を見せてもらったところ
一番売っている営業マンは横浜営業所の常時同じ人間で

月に30本以上売っていました。
月収にして100万以上です。

面接が終わるころにはその販売手法を覚えればやっていけそうな自信と
また、実際やっていけるのかの不安が入り混じりました。

その後入社を決断した僕ですが、このブログでは
驚くべき訪問販売会社の内部実態を中心に

第2章ではその核となるべき販売手法の実態、
また第9章では

悪徳訪問販売業者が狙う家、狙われやすいい人、悪徳訪問販売業者が避ける家、
また、悪徳訪問販売業者を近づけない為の対策などを

販売者側から見た目で詳しく説明しています。

参考
こちらは僕が発行している「今だから言える悪徳訪販会社の闇の実態」の
E-BOOKです。気になる方はご覧ください。
http://fujisun.asia/



週間悪徳商法ニュース

みなさんこんにちわ!
発行人の西藤清三郎です。

僕は以前、悪徳訪問販売会社で17年間、電話機の訪問販売だけで平均して年間3500万円を
売り上げてきました。年収は軽く1000万円を超えていました。

それまでは大手通信機会社のサラリーマンでした。
きっかけは当時の仕事で自分の納得のいく、向上意欲が感じられなくなり、

このままでは自分を生かす道がだんだんと狭くなると思い嫌気がさしていました。
そんなある日、ふと新聞の求人広告が目に入りました。

それは電話機の訪問販売で月に40万~100万の収入を謳った広告を見つけ、
興味を感じたことでした。

当時お金もなかったし、より収入の多い仕事に関心を持っていました。
そして冷やかしのつもりで面接を受けに行ったことがその後の僕の人生を

大きく変えることになりました。
実はこの会社は悪徳訪問販売で有名な会社だったのです。

しかし、収入があまりにも高い為、その魅力から逃れられず
辞めようにも辞められない状態が続きました。

僕がこの業界から足を洗ったのは、過去に何回もあった消費者センターがらみの
問題で6か月間の業務停止を受けたことでした。

僕はこの業界にいて、いろいろな方々と会ってきました。
一日50人以上会うのでその数は低く見積もって1年間で12000人以上になります。

そのようなお客様に、商品を喜んで買ってもらえるのは、
たまにあるぐらいのものでした。

ほとんどのお客が無理やり購入ている状況でした。
お客様が希望して購入したわけでなく、こちらからある日突然に、予告なく

訪問するわけですから、非常に無茶なやり方なのです。
そして商品はとても高い価格に設定されています。

今、僕がこの業界を退き、振り返ってみた時、
この悪徳訪問販売業界の異質さ、また騙されたと思っておられるお客様の

心情を察すると、このままほったらかしにして、いていいのか?と日々感じてています。
そこでお客様に悪徳商法の被害に遭わない為の情報を提供することにより

少しでも被害に遭わないための役に立てばと、思っています。
このブログではいろいろな悪徳商法の事例を挙げながら

その被害に遭わない為の対策を紹介していきます。

参考
こちらは僕が発行している「今だから言える悪徳訪販会社の闇の実態」の
E-BOOKです。気になる方はご覧ください。
http://fujisun.asia/











プロフィール

fujimotosun1

Author:fujimotosun1
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。