スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月刊悪徳商法ニュース 悪徳訪問販売で年収1000万稼いだ方法 (その6)

みなさんこんにちわ!
発行人の西藤清三郎です。


今回は「その6」です。

入社して驚いた一般の会社と大違い

訪問販売会社の異質さ

僕は先(その5)で申し上げましたように、訪販会社のB社に入るまでは

普通のサラリーマンでした。

それまでは訪問販売会社がどんなところか予測すら立ちませんでした。

普通に家を訪ねてくる営業マンを見ていて「迷惑だな」、「大変だな」と

位しか認識はありませんでした。

ところが、実際入社して時を重ねているうちに一般の会社と大違いの

世界に驚くことになります。

その驚きの異質さはこれからの後述する内容で詳しく紹介しています。

朝礼スタイル

訪問販売会社の朝礼スタイルは独特な空気があります。

朝出社して制服に着替えが終わると全員が整列します。

朝礼は空気がピーンと張りつめています。

朝礼当番は日替わりで順番が決まっており帰社後の夕礼まで勤めます。


軍隊式のあいさつが終わると昨日の営業成績の報告が所長からされます。

契約できた社員には全員で拍手されます。

契約できなかった社員は寂しい思いをすることになります。

そして、契約できなかった社員は営業内容報告をさせられ、

細部にわたり是正策の助言が所長からされます。

そして当日の契約本数を自己申告でみんなの前で発表させられます。

「今日は契約できません」とは言えないので

全員1本以上の契約を約束させられます。

朝礼後は社員を相手に15分前後

ロープレをやらされそれから現場へ出ます。

契約出来ない状態が1週間続くとさすがに気持ちが落ち込んできます。

巷で退社する人間は3日目、3か月目、3年目と言いますが

訪問販売会社ではこの法則が全くあてはまりません。

研修期間中にやめていく者、昼休み時間にいなくなってしまう者、

現場営業初日にいなくなってしまう者、また、上司から怒られて

辞める者、成績不振で辞めていくもの、様々です。

しかしB社の朝礼スタイルは他の訪問販売会社に比べると甘い方で、

一緒に入社したS産業の元所長の話では灰皿が飛んでくるのは

日常茶飯事だったそうです。


関連文献

1 中年おじさんがネット古物ビジネスで自由な生活を手に入れた方法
  http://fujisun.vivian.jp/

2 パソコン初心者の年金おじさんが電子書籍を無料で発行して稼いだ方法
  http://fujisun.ehoh.net/


★ 異次元の住人 あなたの身近にいる霊人たち (電子書籍)
https://www.dlmarket.jp/products/detail.php?product_id=510794

★病院警備員のゾッとする話 【電子書籍】
https://www.dlmarket.jp/products/detail.php?product_id=503433
スポンサーサイト

月刊悪徳商法ニュース 悪徳訪問販売で年収1000万稼いだ方法 その5

みなさんこんにちわ!
発行人のペンネーム西藤清三郎です。

今回よりタイトルを「月刊悪徳商法ニュース」に変更しました。
今回は「その5」です。

入社して驚いた一般の会社と大違い

1、新入社員教育

電話機の訪販会社B社に入社したのが平成8年3月のことでした。
当時一緒に入社した新入社員は12名でした。

その中には悪徳訪販で有名なS産業の営業部長や広告代理店社員など
そうそうたる経歴の猛者がそろっていました。

彼はそれまでは普通のサラリーマンだったので、訪問販売という初めての
分野の業界にとても不安を持っていました。

新入社員教育は2日間にわたり新宿本社隣のビル7階で基本的な電話機の構造から
電話料金システム、回線種類などを一通り学び最後は簡単なテストがありました。

その後各営業所への配属が決まりました。
彼は、家に近い立川市の西東京営業所の勤務になりました。

西東京営業所は営業部員8名管理部3名、工事部3名の14名の営業所でした。
配属直後、最初に給与体系の自主選択をすることになりました。

自主選択とは3か月間だけに限り固定給制か加算給制かを選択することです。
固定給を選択した場合は3か月間、毎月40万円保障されます。

加算給制は売り上げ成績によって基本給に加算給がプラスされる
給与システムです。

彼は自信がなかったので固定給制を選択しました。
翌日出社するとみんなに紹介され、すぐロッカーに案内されました。

ロッカーでは営業用の制服を与えられ早速着替えました。
一見、水道局の職員の制服に似ています。

ちなみに、訪問先のお客に水道局職員とかURの職員、土木事務所の
職員などによく間違えられました。

朝礼が終わると早速、席に案内され基本トークを書いた用紙を渡され
それを覚えるように言われました。

ページにして2ページでした。
すでに他の営業部員は現場に出て行って事務所には彼と所長それに

管理の社員3人だけになっていました。
30分ぐらい目を通していると、所長に声をかけられ現場実習同行になりました。

現場は営業所近くの団地でした。
彼の営業初日の現場実習は所長と一緒に同行して、営業トークを覚えることでした。

持参品は申込用紙、商品カタログ、営業トーク集、信販申込用紙が入った
アプローチブック1冊、名刺、計算機、印鑑を持って出かけました。

所長と営業車に乗り10分ほどで近くの団地に到着しました。
車を降りると所長がここで「1件契約するところを見せてやるから

よく見ておくように」
と言いながら歩き出しました。

彼は後ろにつきながら一通りアプローチからクロージング迄、
見させてもらうつもりでしたが、

全部アプローチアウトで肝心の契約までの営業トークは何も聞けませんでした。
しかし、さわりの部分と入り方だけは覚えました。

1件も契約できないまま、約2時間でその日の現場実習は終わり
事務所に帰ってきました。

事務所は管理部の社員が3人残っていました。
昼休み時間が終わると

今度は所長をお客に見立ててロープレを夕方までやらされました。
ロープレとは訪問したお客との実際の現場のやりとりを疑似的に練習することです。

最後には所長も疲れたので自習になりましたが、このロープレは入社してから
半年間、続きました。

この続きは次回紹介致します。



関連文献

1 悪徳商法の真実

2 中年おじさんがネット古物ビジネスで自由な生活を手に入れた方法











週間悪徳商法ニュース(その4)





みなさんこんにちわ!
発行人のペンネーム西藤清三郎です。

今回は(その4)の紹介です。

続けて僕の経歴を紹介します。
平成10年の9月(入社2年後)、ある事件(後述します)をきっかけに

僕が入社したB会社は倒産、その翌月の10月には、B社のメンバーを15名集めて
新しい会社T社を立ち上げました。

名目はB社で販売した電話機の保守メンテナンスをやるということで、
前B社の社長の了解を得ての立ち上げでした。

顧客名簿、及び什器備品はすべて流用させてもらったので、ほとんど資金は
かかりませんでした。

B社は昭和61年から営業活動をしていましたので、
顧客は全国で3万人とも言われていました。

保守メンテナンスを引き継ぐといっても、これだけでは事業運営は無理なので
実際はB社のお客を対象にしたリプレース販売でした。

解りやすく言うとメンテナンスしながら電話機を新しく取り替え
販売するという仕事です。

僕は平成25年末にある事件をきっかけに(これも後述します)T社を退社しました。
僕がこの業界にいたことは訪販会社の社員以外僕の女房、親族、友人の

誰も知りません。
現在は悪徳商法の被害に遭わない為の研究所を主宰しながら

インターネットビジネスをやっています。
以上簡単な経歴でした。

それではこの続きは次回紹介いたします。
こちらは僕の発行している

E-book「これが知られざる悪徳訪販業者の手口だ!」です。
http://fujisun.ehoh.net/
詳しく紹介していますので関心のある方はご覧ください



悪徳商法ニュース

今日は送りつけ商法の対処方法です。
結構まだ多く発生しています。

商品を受け取っただけでは売買契約は成立しません

注文していないアダルトDVDを勝手に送りつけ、高額な代金を請求する
悪徳商法(送りつけ商法・ネガティブオプション)の相談が各地の国民生活センターに

複数寄せられていると報じられています。
勝手に送りつけられた荷物の中に、代金の請求書や「返送されない場合は、

契約成立とみなします」などと書かれていても法律上は意味がありません。
売買契約 が成立するのは「売ります」「買います」という、

販売する側と購入する側の意思表示が合致した時です。
消費者から申し込まれたわけでもない商品を業者が一 方的に送りつける行為は、

売買契約の申し込みに過ぎません。
したがって、まだ売買契約は成立していませんので、消費者の側には、

その売買代金を支払う義務 はないのです。








週間悪徳商法ニュース(その3)

みなさんこんにちわ!
発行人のペンネーム西藤清三郎です。

今回は(その3)の紹介です。
さて、このブログに書いてある内容は悪徳訪問販売業者から

みると非常に困る内容になっています。
ここに書いてあることを読者のみなさんが実行すれば

悪徳訪問販売業界は
大きなダメージを受けます。

それほど強烈でインパクトのある内容です。
しかし、この腐りきった業界にメスを入れることにより

正しい訪問販売の成長の為の見直しは
必ずされると思います。

それは皆様自身がここに書いてある対策を実行することによって
おのずとそうなります。

そして正しい訪問販売業界の発展がなされるでしょう。
僕自身は訪問販売業界で食べてきた人間です。

それだけに心からこの業界の発展を望んでいます。
申し遅れました。僕の簡単な経歴を紹介します。

名前はペンネーム西藤清三郎と申します。
今回この本を発行しようと思い立ったのは、

世の中に悪徳訪問販売の被害に
遭っている方が沢山いるにもかかわらず、

そのニュースがあまり広まらず
皆さんが無関心すぎることです。

振り込め詐欺のニュースや対策については
盛んにマスコミで報道されています。

しかし、悪徳訪問販売のニュースがないのです。
その裏では悪徳業者が虎視眈々として確実に暗躍しています。

振り込め詐欺に比べれば被害額は少ないので、
大げさに騒がない人もいると思いますがこれは逆に

悪徳業者の思うつぼでもあります。
訪販会社へはお客から苦情の電話がとても多く寄せられます。

しかし、事件として取扱いされるのはそう多くありません。
確実に悪徳業者の餌食になっているに人がいるにもかかわらず、

それが表に出ず、オレオレ詐欺の話題があまりに大きすぎ、
その陰に隠れてしまっています。

ちなみに2015年5月のNHKで放送されたTV番組によると

・訪問販売に来て欲しくない   96%
・電話をかけてきてほしくない  96%でした。

また、ヨーロッパのドイツ、オーストリア、デンマークは
訪問販売は禁止されています。

僕は前にもありますように電話機の訪問販売だけで17年間、
2社を渡り歩きました。

2社目は自分たちで立ち上げた会社です。
最初のB社に入社したのは平成8年のことでした。

この会社は全国に営業所があり、
社員数は100名ちょっとの会社でした。

翌年に四国の高松営業所の所長として赴任し、
約6ヶ月後今度は中国地方の

山口営業所に赴任しました。
平成10年の9月(入社2年後)、ある事件(後述します)をきっかけに

B会社は倒産、その翌月の10月には、B社のメンバーを15名集めて
T社を立ち上げました。

それではこの続きは次回紹介いたします。
なお先に詳しく知りたい方は僕の発行している

E-book「これが知られざる悪徳訪販業者の手口だ!」
http://fujisun.ehoh.net/


追記

悪徳物干しざお販売の実態

テレビでも最近紹介していましたが物干しざおの悪徳販売で
被害に遭う方が増えています。

トラックに物干しざおと支柱を積んで可愛い女性の声で流しています。
ほとんどの業者が悪徳極まりない売り方をしています。

実情は以下の通りです。

販売価格は大体2本で1,000円、というところが多いようです。

なかには「25年前の価格です」と拡声器で流しながら格安を謳っています。
特に団地などでの需要が多く、ときどきその周辺を軽トラックで流しています。

物干し「竹竿」は町の販売店で買っても持って帰ってくるのが大変であり
また、古い竹竿を処分するのに困ります。

業者は古いものも、持ち帰ってくれますし、新しいのは家まで持ってきて
くれますので助かります。

しかし一度、声をかけ車を止めてしまったら大変なことになります。
なんと、2本で1,000円が80,000円に変わります。

この物干し「竹竿」訪問販売の被害に遭う方もほとんどが60歳以上の
高齢者がほとんどです。

それではその被害に遭う販売手法とはどういうものでしょうか?
拡声器で流すテープの内容は確かに2本で1,000円を謳っています。

1本500円ということです。
ところが実際被害に遭ったお客の話では価格が安いので3本購入したそうです。

業者は部屋の中まで「さお竹」を持ち込みベランダにセットしようと
しましたが少し長かったそうです。

すると持ってきた鋸でかってにその場で切断し長さを短くしました。
お客様は取り付け工事が終わったので3本分として1,500円払おうとしました。

ところがその業者曰く、1本40,000円なので3本で120,000円と

言われ腰を抜かさんばかりになりました。
キャンセルしようとしましたが、もう鋸で長さを詰めているし、

売り物にならない。
もうよそでの販売はできないと言われたそうです。

そして、「今持ち合わせがない」と言うと車で銀行まで送るから、
そこでお金をおろして支払ってくれと言われました。

またこれは僕が同じく以前、営業で回っていた時のお客の話です。
その日は都下のO市の山中のお客さんの家を訪問していました。

ちょうどその時、遠くで物干し「竹竿」売りの拡声器の声が響いていました。
するとお客が以前に物干し「さお竹」の訪問販売で怖い思いをしたと言って

その件について話し出しました。
話によると、その業者は同じように拡声器で流しながら家の庭の中まで

入ってきたそうです。
一見、やくざ風で怖かったそうです。

価格も、同じように2本で1,000円と言っていたようです。
そこで2本を注文すると、その業者はいきなり一本の「さお竹」

を半分の長さに切りました。
それでは短いと言うとその業者は開き直り、2本で1,000円というのは

1本を半分に切ったものだと荒い口調でまくしたてたそうです。
それでは使い物にならないので長いのにしてくれと頼んだところ、

そちらの方は1本4万円だと言われたそうです。
そして、短く切ったのは売り物にならないので2本分の80,000円

払ってくれとすごまれたそうです。
何をされるかわからなかったので、やむなく使い物にならない切断した

2本の竹竿と合わせて80,000円を払って
帰ってもらったそうです。

もう一つこれはネットで見つけた同じような例です。

物干し竿販売の「1本500円、2本で1,000円」と言うアナウンスが
聞こえたので呼び止めました。

1本ほしいと言うと「500円は細い竹だ、直ぐ曲がる、
ステンレスだと丈夫 で布団も干せる」と言うので金額を聞きました。

すると「ニイキュウ」と言うので2,900円だと思いましたが、
もう少し安くしてほしいと交渉すると「ニイ ゴにする」と言うので

買うことにしました。
そして2,500円を出すと、「25,000円だ。何を勘違いしているのか」

と怒鳴られ怖かったので仕方なく支払いました。
大体どこでもこのように2本で1,000円というような呼び込みをやっています。

中には物干し支柱まで含めて50万円を請求する業者もいます。
最近特に増えてきたので国民消費者センターでも十分気を付けるように

注意を促しています。
なお、この場合はお客様から車を止めて購入するので、クーリングオフ制度は

使えません。十分気をつけましょう!
ちなみに僕が昔、アルバイトでやっていたことがあります。

その時は自分で問屋まで仕入れに行き、1本の仕入れ値350円、
販売価格1,000円でした。

支柱はコンクリート土台付きで、仕入れ値は忘れましたが確か
1セット8,000円で売っていたような気がします。

よく売れたことを覚えています。
以上「物干しざお販売」のニュースでした。

週間悪徳商法ニュース(その2)

みなさんこんにちわ!
発行人のペンネーム西藤清三郎です。

今回は(その2)の紹介です。
さて、僕がこの業界に入るきっかけになったB社の本社は都内の
新宿区にありました。

従業員は全社で100人規模の会社で関東を中心に
9営業所を展開していました。

会社を訪問し、早速人事担当者と面接室で会うことになりました。
まず、どうして電話機の訪問販売でそんなに高額な収入が得られるのか

疑問に思っていたので、その部分を先に尋ねました。
ふと、面接室の隅を見ると販売する電話機らしいものがパンフと一緒に

置いてありました。
見ると色は濃いグレーのコードレスの親子電話機です。

町で売っている電話機を少し高級にしたそんな感じの電話機です。
メーカーは大手通信機メーカーのK社のものでした。

人事担当者の説明によると、この電話機が訪問販売する商品とのことでした。
そこでいくらで販売しているのか聞いたところ

なんと、販売価格172,000円ということでした。
一般家電販売店では1~3万もすれば十分立派な電話機が買えるのに

本当にこれを買うお客がいるのか、
こんな高い電話機が売れるのか疑問に思いました。

また、どのような販売方法を
行っているのかも気になりました。

すると、隣の会議室に通されました。
そこは営業会議室で正面に大きな白板がありそれは営業部員の成績表でした。

左側に営業部員の名前が縦に列記してありその数15名前後、
真ん中上部は左から右にカレンダーが刻んであり名前の横には

黄色、緑、赤の丸いマグネットがついています。
説明によると黄色は契約、緑は工事完了、赤はキャンセルということでした。

よく見たら月半ばというのにトップの営業マンはすでに
15本の契約をしていました。

一日3本契約している日もありました。
その他の営業部員も10本前後売っていました。

僕はびっくりしてしまい、どうしてこんな高い電話機がこんなにも
簡単に売れるのか、内心不思議に思っていました。

一般的な販売方法ではまず無理ですので
きっとこれは裏に特別な販売方法があり、

その手法を覚えればやっていけるのでは?といろいろ頭の中で
考えを張り巡らせていました。

そこで会社全体でではどの位、販売しているのか実績表を見せてもらったところ
一番売っている営業マンは横浜営業所の常時同じ人間で

月に30本以上売っていました。
月収にして100万以上です。

面接が終わるころにはその販売手法を覚えればやっていけそうな自信と
また、実際やっていけるのかの不安が入り混じりました。

その後入社を決断した僕ですが、このブログでは
驚くべき訪問販売会社の内部実態を中心に

第2章ではその核となるべき販売手法の実態、
また第9章では

悪徳訪問販売業者が狙う家、狙われやすいい人、悪徳訪問販売業者が避ける家、
また、悪徳訪問販売業者を近づけない為の対策などを

販売者側から見た目で詳しく説明しています。

参考
こちらは僕が発行している「今だから言える悪徳訪販会社の闇の実態」の
E-BOOKです。気になる方はご覧ください。
http://fujisun.asia/



プロフィール

fujimotosun1

Author:fujimotosun1
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。